チャネリングセラピー協会認定講師規約

 

第1条(目的)

1.チャネリングセラピー協会(以下「本協会」という)は、「社会貢献として健全な精神を持って健全な活動のもとチャネリングセラピーの普及および振興を促進する人財」を育成するために、認定講師制度を実施する。

2.チャネリングセラピー協会認定講師規約(以下「本規約」という)は、本協会の会員のうち、本規約で定める認定講師となるための条件を受諾して、その資格の認定を受けた者(以下「認定講師」という)に適用される。

 

第2条(認定講師の種別)

本協会の認定講師を次の2種類と定める。

1.ベーシック講師

2.マスター講師

 

第3条(認定講師資格取得条件)

認定講師資格の取得条件を次号に定める。

1.ベーシック講師

(1)本協会の会員であること。

(2)本協会の指定する上級講座を修了していること。

(3)ベーシック講師講習を受講し、ベーシック講師試験に合格すること。

2.マスター講師

(1)本協会の会員であること。

(2)本協会が規定する条件・実績をクリアしていること。(別途定める)

(3)マスター講師講習を受講し、マスター講師試験に合格すること。

 

第4条(認定講師の権利)

認定講師の権利を次号に定める。

1.認定講師として、協会理事の直接的な指導を受けることができる。

2.認定講師として、対外的に活動をすることができる。

3.認定講師として本協会指定の初級講座を開催できる。 マスター講師に関しては、本協会指定の中級講座も開催できる。

4.認定講師として、本協会の教材を使用できる。

5.本協会ホームページの所定ページに講師情報を掲載できる。

6.本協会で指定されたセミナー等の優待割引が受けられる。

 

第5条(認定講師資格維持・更新条件)

認定講師資格の維持・更新条件を次号に定める。

1.認定講師資格を維持するための年会費を納めること。年会費は24,000円(税別)とする。

2.年1回以上本協会の開催する講師セミナーに参加すること。

3.マスター講師に関しては、チャネリングセラピー普及のための本協会が規定する条件・実績をクリアしていること。(別途定める)

 

第6条(講座開催について)

開催手順・講座料金等については本協会が規定する基準を遵守すること。(別途定める)。

 

第7条(禁止事項)

認定講師がチャネリングセラピーの技術を使って対外的に活動する際の他ビジネスとの混合は禁止とする。ただし、チャネリングセラピーを周知するためのイベント活動や、本協会が認めた商品や提携機関等については、この限りではない。

 

第8条(認定講師資格失効)

1.認定講師が認定講師資格有効期間内の途中に講師活動を終了する場合は、書面にて本協会に届出るものとし、本協会が届出を受理することによって認定講師資格を失効する。

2.その他、本協会は次の各号の一つ以上に該当する認定講師に対しその認定講師資格を失効させることができる。

(1)本協会の事業を妨げまたは妨げようとした者

(2)認定講師資格の維持・更新条件を満たさない者

(3)本協会のすべての規約を遵守しない者

(5)故意または重大な過失により本協会の信用を失わせるような行為をした者

(6)本協会を退会した者

 

第9条(免責事項)

1.本協会は、認定講師の活動・集客に関する一切の責任を負わないものとする。

2.本協会は、受講生が認定講師の作為又は不作為により被った損害又は損失等について、一切の責任を負わないものとする。

3.本協会は、受講生により認定講師が被った損害又は損失等について、一切の責任を負わないものとする。

 

第10条(本規約の追加、変更)

本協会は、適宜、本規約を追加・変更することがある。

 

施行:2017年10月1日
改正:2018年4月1日

チャネリングセラピーとは

創始者高橋さゆりによるスピリチュアリズムとユング心理学を融合させた独自のオリジナルセラピーです。